ブランディングの必要性

持家市場が60万戸から30万戸を切る時代になりました。

地場工務店の市場を取ろうと、ハウスメーカーもパワービルダーも必死です。

従来どおりのことをやっていては、同質化または遅れを取り、

価格競争の消耗戦に巻き込まれ、衰退は必然です。

今こそ、従来の業界常識を打ち破り、他社との違いを打ち出す必要があります。

音楽に例えますと、昔のROCKと今のROCKが違っています。

注文住宅も昔と今とでは変わらなくてはなりません。

そして不特定多数より、特定のお客様に熱烈に支持される戦略が必要です。

この戦略をブランディングといいます。

ブランディングとは

ブランディングとは「高級化」とイメージしがちですが間違いです。

ブランディングとは「識別」の意味で、どう識別して頂くか、どう選んで頂くかです。

遠くても買いにいくパン屋さん、特定の車種に絞った中古自動車店もブランドです。

ブランディングとは、自社の家づくりやサービスのコンセプトを特定のユーザーに価値があると認識させ、市場でのポジションを築くマーケティング戦略のことです。

ブランディングの確立によって、家づくりに対する価値とともに共感や信頼などを得られるため、差別化ができた顧客を獲得することができます。

地場注文住宅会社におけるブランディングのポイント

ポイント1:コンセプト

従来常識を打ち破ったコンセプトが必要です。

発想を自由にし、「こんな住まい方」もあるのかという発見のある提案にします。

ライフスタイルを刺激することによって、「ここで建てたい」という欲求を喚起します。

ポイント2:ターゲットを明確にした広告展開。

認知度の低いターゲットに響く広告を展開しなければなりません。

住宅雑誌においても、独自性のある目立つ広告が必要です。

ポイント3:教育

無いものを売る注文住宅においては、人として選ばれることが決定打となります。

ブランドの持つ世界観を共有し、独自性のあるスキルを磨くこと大切です。

プラス経営のブランディング支援内容

「発見」のあるブランドコンセプトを立案します。

「戦略」を立案し、他社とは違ったビジネスモデルを立案します。

「広告展開」を行い、認知度アップと集客力を高めます。

「具体的」な業務オペレーションを立案します。

「採用力」を高めるとともに、コンセプトに基づいた「教育」を行います。

ご興味いただいた方は、お気軽にお問合せ下さいますようお願い申し上げます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly